· 

iPodTouch第6世代のガラス割れ交換修理


iPodTouch第6世代のガラス割れ交換修理手順です。

iPodTouch第5世代とパネルアセンブリは共通で使えます。

バッテリー交換もパネル割れと同じくらいご依頼いただくのですが、バッテリーは共通では無く第5世代と第6世代は全く別物です。

乗っけて使えなくはないですが画面に表示するバッテリー充電容量がおかしかったり異常に消耗が速かったりしますので、機種に合ったバッテリーを使いましょう。

iPodTouch第6世代ガラス割れ交換修理ばらした後の画像

写真はバラした後の画像です。

ペンタロープねじで固定されてるiPhoneさんとは違ってまして、ライトニングコネクタ付近が強力な両面テープで張り付けてあります。

ヒートガンで程よく温めてへらを慎重に差し込んでいき剥離します。

ガラスですので無理やりへらを差し込むと割れます。

パネル交換の場合は少々割れてもへーきへーきですが、バッテリー交換だとパネルは割れてない状態だと思いますので、慎重に丁寧に。

ベゼルを残す感じでガラスだけが20度くらい開口します。

ガラスパネル上部にベゼルが張り付いて固定されています。

それはそのまま、バックシェル左右3か所ずつベゼルの爪が返し付きで固定されています。

ここにマイナスドライバーを突っ込んで外します。

これでベゼルが外れて上方にパタンと跳ね上げれます。

インカメラがパネルに張り付いてますので外しておいた方が良いと思います。

次にバッテリーをバックシェルから剥離します。

左右2か所、両面テープで張り付けてますのでテープの端っこをつまんでゆっくり接着面と平行に抜いていくと引っ剥がせます。

ライトニングコネクターアセンブリがネイで固定されてますのでネジを全て外します。

最後にロジックボードを固定してるネジを外します。

これでロジックボード裏側にあるパネルのコネクターを外すことが出来ますので、外します。

あとは交換用パネルにホームボタンを移植し分解の逆手順で組み立てて完了です。

 

お時間60分、お値段税込11,000円です。

 

iPodTouch第6世代のパネル割れ交換はミスターアイフィクス広島で