· 

iPhone6sガラス割れ修理方法


僕自身”iPhone6s”のユーザーでありまして、発売以来数年経過してるにも拘らずなんのストレスもなくサクサク動いてくれてます。

修理依頼も数あるiPhoneシリーズの中で2番目か3番目に多いiPhone6sさん、中古価格もこなれてきたので入手しやすいってのもいまだに人気の理由じゃなかろうかと思います。

そのiPhone6sさんのガラス割れ修理方法について少しご説明します。

iPhone6s修理前の割れパネルです

こんな感じでバリバリに割れてしまってます。

液晶に破損が無くタッチも正常に使える場合が多いのですが、そのまま使うのはお勧めできません。

強化ガラスの性質なのか知らないですが、割れたガラス破片がボロボロ取れてそこかしこに飛散してしまいます。

かなり鋭利なものがありまして、手やら足やらに刺さるととても痛い・・・

すぐ抜ける状態なら痛いだけで済みますが、刺さり切っちゃうとなかなか取れません。

それでも使い続けたい場合は、ラップで二重三重巻きにするか透明な梱包テープを貼り付けるかして飛散防止しなきゃです。

今回のは穴ぽこまでは開いてませんが、穴ぽこあくほど割れてても使える状態なら使っちゃえってのもよく見かけます。

穴ぽこから中に水分が入りやすくなりますしホコリも溜まりやすくなりますので、この場合もテープなりで穴ぽこ塞いで使わなきゃです。

iPhone6sガラス割れ修理後の画像です

ペンタロープねじ2本を取り外してパネルを外していきます。

iPhone6sから、パネルとバックシェルが両面テープで接着されてます。

なのでネジを外したら、イヤホンジャック辺りにへらを差し込んで両面テープから剥がしてあげないとパネルを跳ね上げることが出来ません。

へらの差し込みは、中のケーブルなど傷つけないように3mm程度までにします。

パネルを跳ね上げたらまずバッテリーコネクタを外しておきます。

万一作業中に電源を入れてしまって、気づかずにパネルコネクタを取り付けた場合、ショートする恐れがあります。

ショートさせてしまったら、ほぼ間違いなくバックライトコイルを焼き切ってしまいまして液晶が光らない状態に・・・

その修理に結構な費用が掛かってしまいますので、少々手間ですが必ずバッテリーコネクタは外して作業します。

パネル外したら、背面のアレコレパーツを新しいパネルに移植。

パネルを取り付けてバッテリーコネクタ繋いで元通りの状態にしてあげて終わり。

 

パネル交換修理せずにお使いになるより交換修理してきれいなiPhone6sさんをお使いいただきたい。

修理屋も潤うってもんです。

こちらがパネル交換修理後のiPhone6sさんです。

 

iPhone6sさんですと修理時間は20分、お値段税込5,000円です。

 

iPhone修理はミスターアイフィクス広島で